大盛況の交流会

毎年恒例の「れいほく藤のお花見交流会」が

ゴールデンウィークの初日、「みどりの時計台」にて開催されました。
もともと、嶺北在住の移住者同士の情報交換の場として始まった交流会で、
30~40名程の規模で行われています。

今年は、連休の初日もあってか、嶺北4町村在住の移住者・地元住民、高知市などから
たくさんの方にきていただき、大人・子供あわせて100名程に膨れ上がりました。

当日はとてもいいお天気だったのですが、強風と気温の低さに室内での開催になりました。
(肝心の藤の花は、枯れ始めでした…残念!)
持ち寄りのお料理も、様々な種類が並び、とても全種類は食べきれないほど。
会が進むにつれて、風邪も弱まり気温が上がり、屋外で七輪を囲む人や、
子供たちはプールサイドでオタマジャクシすくいを始めるなど、
敷地全体をつかって自由な交流が繰り広げられました。

なにより驚くのが、子供の数が40名程(主に1歳未満~小学生)もいて、

子育て真っ最中の家族が、こんなにも嶺北に移住しているのだということ。
これまでと全く違うライフスタイルに戸惑いながらも、先輩移住者や地域の方に助けられ、
嶺北での子育てに満足しているよう。

20~30代の若者も増えていて、嶺北でやりたいことをキラキラした目で語り、
実現に向けてアクションを起こしていく、やる気パワーが充満していました。
頼もしい限りです。

地元の参加者ももっと増やして、移住者への理解・移住促進への協力を求めていきたいです。
また、来年、4/29に。

IMG_3049 IMG_3053

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA