去る9月19日の夕方、

家族3人で岩原の灯りの里祭りに出かけました。2015年秋号7

暗闇を上がっていくと

突然右手に千個のちょうちんの灯りが目に飛び込んできました。
“おぉ~っ”と声を上げ、車をおりて、ひととき棚田の提灯に見入りました。

会場に上っていくと

広場では火踊りの人の周りを取り囲んでにぎやかでした。2015年秋号8
地元の人だけでなく、他地区から来た人、高知大学の学生さん、地域おこし協力隊の人、Iターンの人、Uターンの人、今移住を考えている人、いろいろな人達が笑顔笑顔で小さなお祭りを楽しんでいました。

今、私は

そう遠くない南海大地震、近年巨大化する台風、明日は我が身の集中豪雨被害、強行採決された安保関連法案の今後、TPPの影響、消滅すると言われる大豊町、などなど不安定で不透明でとても不安な時代に生きていると思いますが、灯りの里祭りのように皆が協力して助け合い、ささえ合いながらにこやかにホッとできる町づくりができたらいいなと思います。(渡辺薫)