名称

特定非営利活動法人 元気おおとよ

設立年月日

平成24年4月23日

住所

高知県長岡郡大豊町川口665

代表電話

0887(72)0202

役員

理事長:下村守正
副理事長:平野右二・野田由美子
理事:今井基史・小嶋俊輔
監事:小嶋雅彦
会員数 正会員25名、一般会員3名(平成26年10月現在)

元気おおとよが目指していること

合言葉は「大豊町を元気に!」

住民主体のまちづくり
  • 町の課題を話し合う場の提供
  • 能力開発・学びの場の提供
新たな産業の創出
  • 特産品や名物の開発・販売
  • 地域産品の販売
  • 地域事業者の支援
交流人口を増やす
  • イベント開催などによる地域内外の交流促進
  • 外から人を呼び込む取り組み
心地よく暮らせる環境づくり
  • 市民の憩いの場の提供
  • 高齢者の生活支援
  • 移住者の受け入れ支援

事業概要

84-1-20141022133058_b5447330270424 85-1-20141022133109_b5447330decf70

89-1-20141022133656_b5447346893d4b 90-1-20141022133719_b5447347f9678c
元気おおとよでは、大豊町の名物の一つとして販売できるものを作りたいという思いから、ソバ粉で作るクレープ「ガレット」を販売しています。

食事としていただく場合には、中身は卵やハム、きのこやベーコンなどの具が入ります。デザートの場合は、フルーツやアイスを盛りつけたり、はちみつやシュガーバターなどをかけて食べます。
今後は生地に使うそば粉を大豊町内で栽培し調達することで、大豊町の特産品として育てていきたいと考えています。また、ガレット販売と同時に町内の農産物を販売することも検討しています。

92-1-20141022134400_b544736102a7ae93-1-20141022135012_b544737846eaea 95-1-20141022134914_b5447374a45503
インターンシップ支援事業は、インターンシップ生を募集したいけど、滞在してもらう場所を確保するのが難しいという事業者様を支援し、一人でも多くのインターンシップ生が大豊町の生活を体験してもらうための事業です。

98-1-20141022135703_b5447391f03f0b 102-1-20141022135853_b5447398d65a8d 100-1-20141022135954_b544739cb0024f
アーティスト・イン・レジデンスは、地域住民と芸術家との相互交流を狙った取り組みで、全国にこの活動が広がっています。具体的には、町民向けのワークショップを企画したり完成後の作品展覧会を開催することなどを条件に、芸術家に一定期間その地域に滞在して創作活動することを認めるものです。